家庭のお金のことはじめ🌼

暮らしのお金を整える

貯蓄上手な人ってどんな人?🌼

貯蓄上手な人ってどんな人?

あなたはこんな質問を受けたら、どんな人を頭に思い描くでしょうか?


♦️きちんと家計簿をつけている人?

確かに(^O^)v
お金をきちんと把握する事は、貯蓄上手への第一歩と言えます。


♦️たくさん稼いでいる人?
たくさん稼げばたくさん貯蓄できるでしょ?

うーん。( ̄∀ ̄)
たくさん稼ぐ人ほど使っちゃうって聞いたことがありますよー


想像してしまうのは‥‥
毎日をきちんと時間管理して、丁寧な暮らしをしている人‥‥でしょうか。


人はそれぞれの考えで行動しています。


時間の管理が上手な人も貯蓄額は少なかったりします。
たくさん稼いでもなぜか?すぐに気がつくとお金がなくなっているとか。


丁寧な暮らしをされていても、貯蓄上手とは実は全く関係ありません💦


私の考える貯蓄上手な人とは段取りの上手な人のことです✨

段取り上手な人は仕組み作りのうまい人なのです✨

仕組みを作るということは習慣にしてしまうということです✨


いつのまにかお金が貯まっている。
この感覚❣️
習慣に落とし込むことがとても大切🌟


貯めるぞ〜!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
こんなに貯まった!(๑˃̵ᴗ˂̵)

自覚しながら、気負いながら貯めていると、ある程度貯まると使いたくなるのが人情💧


お金を貯めていることを忘れなければ、まとまった金額を貯めることはできません。
( ̄∇ ̄) 私はそうなんです。


貯まるたびに通帳をみて、ニタニタしている人がいますね。
こういう方は思うように貯蓄できないとストレスを抱えてしまいます。


忘れることです。
忘れていることがとても重要なんです🌟


お給料から天引きにしたり、
保険に入り貯蓄すれば、
どうしても引き落とされることになります。


自分で貯めているという感覚よりも、引き落としがあるから、用意しなきゃ!という認識になります。


以前お話ししたと思いますが、お金に色をつけて枠に当てはめるやり方です。
そうすることで使えないお金になるのです。


私たちは、お金の価値を独自のフレームを通して判断してしまう心理にあります。

このことをメンタル・アカウンティング(心の家計簿)と呼びましたね。



覚えておられますか?



お金に色をつけて独自のフレームを通すことで、単なる貯蓄しよう!という気持ちから、引き落としがあるから‥‥入れなきゃ!
という気持ちに変わります。

 
貯蓄上手は人は、仕組み作りの上手い人。
そしてコツコツと貯め続けることができ、お金について忘れてしまえる人。


時々メンタルが異常に強く、お金に色をつけなくても、貯蓄する!という意思でコツコツと貯められる方もいます。


自分も本当はこうありたいのですが、意思が弱く💧つい貯まるとあてにして使ってしまいます。


いろいろな人がいて、自分のやり方で貯蓄をします。


あなたはどのように貯蓄しますか?
この仕組みに落とし込むという貯蓄の仕方は私がオススメする一つの方法です。


参考にしてくださいね(*´ー`*)


      ヾ(@⌒ー⌒@)ノFPべた〜🌼

 

 

 

ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ
にほんブログ村