家庭のお金のことはじめ🌼

貯蓄上手になりませんか?

教育費を貯めるのは中学生までが勝負🌸

おはようございます☀

今日は子供の教育費について、私の反省している苦いお話です(⌒-⌒; )

 

 

私は27歳と29歳で子供を授かりました👩‍👧‍👦

はじめが女の子、次に男の子です。

 

 

初めての出産のあと、天使のような長女の愛らしさに‥‥💕メロメロ〜〜😍

 

 

娘の成長を残したい!

と毎日欠かさず写真を撮りました。

*当時はデジタルはなくフィルムの時代

(現像代にかかったお金はかなりです💦)

 

 

主人が刻一刻と変わる表情に夢中でシャッターをきっていましたね〜💧

いまその写真を見るとみんな同じに見えます

全くアホです  (@ ̄ρ ̄@)

 

 

あのころは初めての子育てにおいて、何もかもが新鮮で、特別なことのように思われました✨✨✨

 

 

二人目の長男が産まれた頃は、私たちの子育ても慣れたものです。

新鮮味も薄れ、かわいそうに息子の写真はほとんどありません。

学校行事の写真があるばかり。

 

 

人生において初めて経験することは、イベントみたいな高揚感を持つものです。

 

 

長女は私、主人どちらの家にとっても初孫であったため、じーじやばーばの力の入れ具合は半端なく、今考えるとすいぶん贅沢にお金を使わせました。

 

 

自分たちのプライドも山のように高く、

子供にみじめな思いはさせたくない!!!

と強く思っていました。

(⌒-⌒; )  みじめな思いって何?ですよね?

 

 

娘は子供の頃のことは何にも覚えてはいないらしく、私のその当時の話を聞いて戸惑うばかり。

 

 

🔸幼稚園でも初めての七夕会で浴衣を新調したこと・・

🔸ランドセルは本革の高いものを。

🔸グローバルな子に育ってほしい気持ちから小さな時から海外旅行へ。

🔸大自然に触れさせたい・・と北海道旅行

🔸主人の弟の結婚式に出席するために子供用のドレスを仕立て・・・

🔸毎日着る服はブランドの服ばかり。

 

 

長女の生まれた頃は、主人の家業の羽振りがとてもよかった (*´ー`*)

お金のことは気にせず、どうせいるものなら良いものを・・と派手に使っていました。

 

 

私も公務員でお金に余裕があり子供に恥ずかしい思いはさせたくない・・

といつも考えていました。

 (⌒-⌒; )  はい。恥ずかしい思いって何?

 

 

しかしバブルがはじけ、家業も開店休業になり、主人も再就職でサラリーマンに転身⭐️

(⌒-⌒; )  じつはこれで我が家は救われた!

 

 

私も出産で公務員を退職しており、改めて派遣で働きに出ました。

 

 

あのころ潤沢だったお金をうまく管理して残しておけば‥‥と思わずにはいられません💧

 

 

子供たちはなーんにも覚えていません🌀

自分たちが成長して、中学校あたりから記憶があると言っています。

(⌒-⌒; ) 子供の頃にあれだけお金を使ってもらったのにね〜〜💧

 

 

娘が高校生になったときは、中古住宅を購入した時で、返済ローンが始まり当然贅沢はなし。質素堅実に暮らしました。

(⌒-⌒; ) これもタイミングが良かった〜

 

 

長々と書いてしまいましたが、私がいま子育て中のお母様に一言いいたいこと⭐️

 

 

子供に着せてる可愛い服も‥

一緒に食べた素敵なランチも‥

子供たちに買い与えたもの全てが‥

 

 

無駄!無駄!無駄です‼️

子供は小さな時の事は全く覚えていません。

 

 

それは親のエゴ🌀

子供が望んでいるのではありませんよ💧

 

 

お金を残してあげて下さい⭐️

大学や大学院へいくお金を⭐️

海外留学はいま当たり前の時代⭐️

留学は本当にとてもお金がかかります。

 

 

そして可愛いお洋服やステキなランチは‥

子供の記憶に残る年齢になってからの方が良いと思います。

(⌒-⌒; ) 楽しい思い出を共有できます。

 

 

子供の内にお金をつかいすぎて教育費が貯まらず、子供たちが自分で奨学金を借りて(つまり国に借金してるんです・・)勉強するなんて!

本末転倒ですね  (⌒-⌒; )

 

 

働いてから返す足枷を付けずにすむように、少しでも子供にとって本当のお金の使い道を考えて下さい。

 

 

🔹有名なお店のおやつ

🔹子供の美容院代

🔹ブランドの子供服

ぜーんぶやめて現金を蓄えましょう。

 

 

本当に大人になってから子供に感謝されます。

自分の心の中にあるエゴとの戦いなんです。

 

 

教育費を貯めることができる時期は、子供が中学生に入るまでが勝負です☄️☄️☄️

 

 

特に子供が高校生になったら塾代がかかり、大学生の学費はとても負担が大きいです。

計画なしで何とかなる金額ではありません。

 

 

私の失敗談が参考になりましたら嬉しいです。

 

 

           ヾ(@⌒ー⌒@)ノFP べた〜🌸

 

 

素敵な週末をお過ごしください。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへ
にほんブログ村