家庭のお金のことはじめ🌼

暮らしのお金を整える

会社を退職したらどの健康保険に加入するか🌸

おはようございます。

今日は爽やかなお天気になりました。

気持ちいい〜〜(´∀`*)

 

f:id:cocoroha:20180426103655j:plain

 

今日は会社を退職したら次の保険はどれを選択するか?について書いてみます。

みなさまの参考になれば嬉しいです💓

 

 

昨日ご説明したように健康保険には、5つのパターンがあることはもうご存知ですね。

 

 

こちらでした。

🌟健康保険組合→会社で組合を持っている大企業にお勤めの方、その方が扶養している家族。

 

🌟協会けんぽ全国健康保険協会)→勤め先に組合がない中小企業にお勤めの方、その方が扶養している家族はこちらです。

 

🌟共済組合→公務員の方はこちら。

 

🌟国民健康保険→自営業の方、パートさん、退職した高齢者の方など。

 

🌟後期高齢者医療制度→75歳以上の高齢

 

 

私は組合のある会社を退職しましたので、会社の人事の方が次の保険について説明して下さいました。

 

 

4つの選択がありました。

(会社を退職した時は誰もが同じです)

 

 

1️⃣ 健康保険の任意継続保険に加入する

退職したあと2年間は引き続き、いまの保険をそのまま継続することができます。

 

健康保険の任意継続被保険者になるというものですが、私の場合は組合でしたのでこのまま保険組合に加入するかどうか迷いました。

 

 

2️⃣ 国民健康保険に加入する

 

 

3️⃣ 健康保険に加入している親族の被扶養者になる

配偶者などが加入している健康保険組合協会けんぽの扶養家族となる

 

 

4️⃣ 次の就職先の会社の健康保険に加入

 

 

私自身は家族の介護が理由の自己都合退職でしたので、4️⃣の次の就職先の会社の健康保険に加入するという選択はありませんでした。 残りの3つから選ぶことになりました

 

 

もう一度確認しておきましょう。

保険に入らないという選択はありません。

*日本国内に住所を有する人はいずれかの保険に加入することになってます。

 

 

私はどの保険に加入するか、それぞれの保険料を計算をして決めることにしました。

 

 

(⌒-⌒; ) 考えるのめんどくさい〜〜

( ̄ー ̄ )  どれでもいいよ〜〜

なんて思ったあなた!大間違いですよ!

 

 

どの保険を選択するかで今後支払うお金が大きく違ってきます。

びっくりしますよ。

もう少しお付き合いくださいね(*´꒳`*)

 

 

私はどう考えたか?

 

1️⃣ 健康保険の任意継続保険に加入すると

この場合はこれまで会社と自分が、労使折半ということで半分づつ支払っていた保険料を今後は、全額自己負担することになります。

 

上限金額とかいろいろありますが、簡単に言うと今までの2倍の保険料を支払います。

 

いくらになるかは、退職前のお給料明細を見て、だいたい2倍にしてください。

 

 

ついでにご説明しておきますね。

加入するためには一定の要件があります。

 

退職日翌日から20日以内に手続きすること

退職前に健康保険に加入していた期間が2ヶ月以上あることが大切です。

 

退職してからのんびりしてると加入できませんのでご注意を⚠️

 

 

余談ついでにもう一つ。

この保険料は、

組合保険はその組合の規定で決定し、

協会けんぽ都道府県別に決まっています。

全国的に10%前後です。

 

*ちなみに29年度は佐賀県が最高で10.47%

新潟県が最低で9.69%でした。

住むところにより違うのです( ゚д゚)

 

 

2️⃣ 国民健康保険に加入すると

こちらの保険料は市区町村で違うので必ず、お住いの役所で確認しましょう。

 

私の場合は、この国民健康保険の月額が上記の任意継続より1000円少なかったです。

 

 

3️⃣ 健康保険の扶養家族になると

同一世帯で生計維持している人の三親等以内であれば、その方の健康保険の扶養家族になれます。

 

その場合保険料を負担することはありません。つまり、タダ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

でも条件があります⚠️

f:id:cocoroha:20180426151422j:plain

       日本年金機構のホームページより

 

同居の場合 扶養者の収入の半分未満である

年間収入が60歳未満は130万円未満であること、

60歳以上75歳未満は年収180万円未満であることが記載されています。

 

上記のように、健康保険で扶養家族として加入するためには、通常なら年収やその他の条件がいろいろあります。

 


ここで注意したいこと⚠️

会社を退職した場合は、年収に関係なく扶養に入れることになっています。

なぜなら、今後は無職だからです。

 


上記の日本年金機構のホームページにも記載されています。もう一度よくみて!

 

年間収入とは、過去における収入のことではなく‥‥(略)‥‥日以降の年間の見込み収入額

 

つまり年の途中で退職した人が、退職前までに仮に130万円以上稼いでいたとしても、退職日から先の収入がない=無職の状態では健康保険の扶養家族になれるのです。

 


つまり保険料はタダなのであります❗️

びっくりですね。( ゚д゚)

扶養の範囲より収入が多いからとあきらめないでくださいね💓

 


私は当然に主人の会社の健康保険に扶養家族として加入させていただくことに決めました。

 

年間で30万円以上のお金を自己負担しなくて済む計算です。

ラッキーです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

今日のポイント🌟

会社を退職したら健康保険を真剣に考える

大切です💕

 

 

今まで勤務の中で辞められていく方、特に男性の方が任意継続被保険者を選ぶのを見てきましたが、ご自身で家族の皆さんを扶養していた方ばかりだったと気づきました。

そういうことだったのですね〜(*´∇`*) と一人で納得。

 

 

任意継続被保険者になり、これまでお勤めの会社の健康保険を継続して、ご家族の方をこれまで同様に扶養家族にするということ。

 

 

家族を自分がお勤めの会社の健康保険の扶養家族にすることで、ご家族の方の保険料は負担なしになり、扶養に入れたからといって、保険料が変わることもありません。

 

 

家族の皆さんの保険料が自己負担になったら、あわせると住宅の家賃並みに高い出費になりますから、任意継続を選択して仮に保険料が約2倍になってもお得ですね。

(*´ー`*) 扶養するご家族の人数次第かな?



最後にもうひとつ。

分からないときは必ず尋ねましょう🌟



健康保険料に関することは、その扶養する方の会社の住所地管轄の年金事務所で教えてくれます。

国民健康保険は自分の住所地の役所です。

電話するだけですからね📞

 



私が自分自身で経験した退職してから考えた健康保険のアレコレ。

少しでも参考になれば嬉しいな💕

  

 

 

       ヾ(@⌒ー⌒@)ノ FPべた〜🌸