家庭のお金のことはじめ🌼

暮らしのお金を整える

会社を退職したら考えるお金🌸健康保険

おはようございます。べた~です。

雨上がりの植物がとてもキレイ(*´ー`*)

 

f:id:cocoroha:20180425101643j:plain

 

今日も私のブログを覗いて下さり、ありがとうございます(*´∇`*)

 

 

お金についての勉強をしていますが、体験に勝る勉強はないのであります( ̄^ ̄)ゞ

 

 

私が昨年末、会社を退職しハローワークで失業保険をもらうまでを、振り返ってざっくりと書いてみたいと思います(*´∇`*)

 

 

会社を退職したら考えなければならないお金

 

それは‥‥健康保険と失業手当です🌟

 

健康保険 → 次に入る保険を決める

失業手当 → ハローワークへ行く

 

 

特に大切なことはこの2つ。

今日は健康保険について考えましょう。

 

 

ゴホン_φ( ̄ー ̄ )

べた〜の保険の知識講座🌟からどうぞ

 

日本は世界の中でもとても稀な、国民全員が何らかの保険に入っている国です。

国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)というんです。*知ってると自慢💕

 

 

(´∀`*) 日本では当たり前でも他の国では、そうじゃないんです。

 

アメリカのオバマさんもこの政策を進めるのに四苦八苦していました💧結局だめでした

 

アメリカ人は国ではなく民間の保険でそれぞれ個人がカバーしています。

 

その保険料が払えないため無保険の人も多く社会問題になっています。

 

 

日本では1958年に国民健康保険法が作られ、今では誰でもどこでも日本国内の病院にかかり保険を使い支払いしています。

 

 

病院の窓口で私達が支払うお金は全部のうちの3割です。*そうでない人もいます

 

あとの7割は‥‥考えたことありますか?

誰が払ってくれてるのか‥‥

 

 

それは‥‥健康保険の加入先です。

 

その健康保険に入っている人が毎月納めている保険料から支払われます。

(足りない分は国が補助している)

 

 

健康保険は‥‥

困った時はお互いに助け合おうね❣️

という相互扶助の考えで成り立っています。

 

 

その加入先は私達が

どの会社で働いているか?

働いていないのか?

自営業なのか?

公務員なのか?

で分かれています。

 

 

ざっくり5パターン。

このどれかに全員当てはまりますよ。

あなたはどこでしょう?

 

わからない方はご自身の保険証を見て下さい

一番下に記載されていますからね(^ν^)

 

 

🌟健康保険組合→会社で組合を持っている大企業にお勤めの方、その方が扶養されている家族。

 

🌟協会けんぽ全国健康保険協会)→勤め先に組合がない中小企業にお勤めの方、その方が扶養されている家族はこちらです。

 

🌟共済組合→公務員の方はこちら。

 

🌟国民健康保険→自営業の方、パートさん、退職した高齢者の方など。

 

🌟後期高齢者医療制度→75歳以上の高齢

 

 

今日のポイント🌟

今の自分の加入している健康保険をしっかりと把握しましょう。

働き方が変われば健康保険も変わりますよ。

 

 

健康保険の加入先は5パターンに分かれていること、私はお金の勉強を始めてから知りました。

 

 

当たり前だと思って過ごしていますが、実はこうした法が定められていて、その決め事の中で私達は暮らしていると理解する事がお金について考えるためには、本当に意識しておきたいことなのです。

 

 

誰かが作った、決められたルールの中で暮らしています。

私はこうしたルールの中で一番自分が得する方法はどれかな?と考えて行動しています。

 

 

私達は病院で治療を受けるために健康保険に加入しなければならない決め事。

全額払うから入らなくていいよ(´∀`*)

なんて人はいませんから。

 

 

会社を退職したらどの保険に入るか?

しっかり考えて選ばないと、支払う保険料がそれぞれ違うので多くなったりします‥‥

 

 

という健康保険の基本を理解していただいたところで今日はおしまい💕

 

 

長くなってしまいました💧

お疲れ様でした (*´ー`*)

 

明日は具体的にではどれに加入したらいいのか?について考えてみます。

 

 

      ヾ(@⌒ー⌒@)ノ FPべた〜🌸