家庭のお金のことはじめ🌸

家族を守るために学びたいお金の教養

健康保険の扶養になるためにアルバイトで気をつけること🌸

今日は、娘の健康保険についてのお話です。

日本に住んでいる人は、全員がなんらかの健康保険に加入することになっています。

  

詳しくはこちらです。 

cocoroha-money.hatenablog.jp

 

 

就職した場合は、その会社の健康保険に加入することになります。

アルバイトやパートで働いている場合は、

国民健康保険に加入するか?

ご家族の健康保険の扶養家族になるか?

どちらかですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

パートやアルバイトでしっかり働いて、その会社の健康保険に加入するという場合もあるでしょう。

 

 

しかし、できれば扶養家族になりたい!

そうすれば毎月の健康保険料は払わなくていいことになります。

毎月の負担額が全く違ってきます。

 

 

我が家の場合を例にご説明しますと‥‥

主人は普通の会社員です。

娘は主人、つまり父親の会社の健康保険に扶養家族として加入しています。

 

 

このような場合、主人の給料から天引きされ支払う健康保険料は、娘を扶養に入れても入れなくても同じ金額なんです。

 

 

我が家は私を始め、娘、息子と3人が主人の健康保険の扶養家族になっています。

何人扶養していても、主人が支払う健康保険料は同じです。

 

 

どうして金額は同じなのか?

健康保険料は支払う人のお給料の金額により決定しているから。

なんとも不思議な仕組みです。

 

 

健康保険料だけを見るなら、もし3人が国民健康保険に加入していたら、総額いくらかを考えると(´-`).。oO  ブルーな気持ち。

我が家ならざっと計算すると5万円くらいかな‥‥?

 

 

私は無職の主婦で息子は大学院生。

娘は今、大学を卒業して就活中ですが、今回

アルバイトを始めました。

 

 

学生でなくなるとアルバイトをしていても扶養家族になる条件が厳しくなるのです。

 

 

娘が父親の健康保険の扶養家族になるための条件としては‥‥

主人に生活を支えてもらっていること(養ってもらっているということ)が前提です!

当たり前の話なんですけどね。

 

 

ですから、一年のアルバイト代が主人の年収の2分の1つまり半分以下であること🌟

ときめられています。

 

 

その他の要件としては、年収130万円未満であること。

 

 

この二つが扶養家族になることのできる大切な要件❣️

 

 

娘はアルバイト先の会社との間で健康保険の加入を聞かれたので、扶養の範囲内でお願いしたのです。

 

 

つまり‥

会社の保険には加入せず、父親の健康保険に扶養家族として加入する🌟

という選択をしたのです。

 

 

私は娘に、

🔸1週間に30時間以上働かないこと。

🔸年収130万円未満に抑えること。

説明していましたが、間違いでした‼️

 

 

平成28年10月1日から法改正で、パートタイムやアルバイトとして働く方は、加入要件が変わったのです。

 

 

これまでの*就職30時間以上労働*という加入要件が、下記のように変わっています。

 

 

🔹1週間の所定労働時間が20時間未満

🔹月額賃金88000円未満

🔹継続勤務1年以上が見込まれる

🔹従業員数501人以上の企業に勤務

🔹学生は除く

 

 

これらの条件に当てはまる人は、会社の健康保険に加入しなければならなくなりました。

扶養天国さようなら( ´Д`)y━・~~

 

 

娘がアルバイト先からシフトをガンガンに入れられるので、(そして従業員501人以上の企業でしたので)

上記の条件を説明して、

週20時間未満にすることと伝えました。

 

 

肝心なのは、月88000未満に抑えること

私は年収130万円未満と思っていたので、月単位の金額には無頓着でした💧

 

娘は学生ではないため、103万円未満にしなくてはいけなかったんですね。

今までは‥‥

しかし、法改正で月単位の金額制限があるのに気づいてびっくり‼️

 

 

アルバイト先の人も人手不足のため、社会保険に加入して、ガンガン働いてよ〜〜💧

と思っていたみたいで、結構話し合いが難しかったみたいです。

 

 

社会保険の加入は、本人の意思で決めるもの

会社が入らなくてはいけない!と言ったから‥‥とそのまま加入していたら、我が家全体の支出がふえます。

 

 

それならば、アルバイトではなく社員としてフルタイムで働いたほうが、社会保険的にはいいのです。

 

 

娘の場合は、語学の勉強をしたいこともあり、アルバイトで講習代を稼ぎたいために始めたアルバイト。

 

 

本末転倒にならないように、しっかり働く時間のコントロールを自分でしていくことが大切です。

 

 

娘のアルバイト先の会社は、従業員数が501人以上でしたけど、それ以下なら今まで通りの週30時間まで働けますよ。

月額は上記の月88000円未満ならOK

 

 

自分で体験してみるとよくわかる、保険料についてのお話し。

今日は娘の例でご説明しました。

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

         ヾ(@⌒ー⌒@)ノ FPべた〜🌸